山口など準々決勝へ「マレーシアオープン」

山口など準々決勝へ「マレーシアオープン」

西本、奥原も次へ

世界バドミントン連盟は、4月4日、同日に行われた「マレーシアオープン2019」、大会3日目、各種目2回戦の結果を発表した。

ベスト8、準々決勝進出者が決定するこの日、日本勢では、男子シングルスで西本がデンマークのRasmus GEMKEに18-21、21-15、21-9、常山がタイのSitthikom THAMMASINに21-19、20-22、21-11で勝利。

桃田はインドネシアのJonatan CHRISTIEに20-22、15-21で敗れた。

女子シングルスでは、奥原が中国のLI Xueruiに21-18、21-18で勝利、山口と髙橋の日本人対決では、21-16、15-21、21-16で山口が勝利し準々決勝へ。

ソノカム、フクヒロも好調

男子ダブルス、園田/嘉村はマレーシアのGOH V Shem/TAN Wee Kiongに10-21、21-13、21-9、保木/小林はマレーシアのAaron CHIA/SOH Wooi Yikに21-9、21-16で勝利。

井上/金子はインドネシアのMarcus Fernaldi GIDEON/Kevin Sanjaya SUKAMULJOに8-21、19-21で敗れた。

女子ダブルス、福島/廣田はロシアのEkaterina BOLOTOVA/Alina DAVLETOVAに21-13、21-13、永原/松本はタイのChayanit CHALADCHALAM/Phataimas MUENWONGに14-21、21-8、21-15で勝利し準決勝進出。

髙橋/松友は韓国のBAEK Ha Na/KIM Hye Rinに18-21、20-22で敗れ2回戦敗退となった。

(画像は世界バドミントン連盟ファンサイトより)


▼外部リンク

「マレーシアオープン2019」4日の結果
https://bwf.tournamentsoftware.com/

関連選手

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

ラスムス・ゲムケ 選手に関連する記事

選手別

バドミントンナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録