各メーカーのラケットスペック一覧2017版

各メーカーのラケットスペック一覧2017版

現在(2017年7月時点)、各メーカーより出ているラケットのスペック一覧をまとめてみました。

2017年版が出ているものを中心に(一部2016年版も有)主要メーカーからまとめていきます。 メーカーとしては、ヨネックス、ミズノ、ゴーセン、ウィルソン、バボラです。

まずすべてのメーカーで言えることなのですが、 縦の軸(上下)でバランス(ヘッドヘビー↔ヘッドライト) 横の軸(左右)で打球感(スピード)(硬め(弾き重視)↔やわらかめ(ホールド重視)) を表示しています。 そのため、一概に右上が使いやすい訳ではありません。 ただし、男子の上級モデルは右上に多い傾向があります。

まずはヨネックスです。

 上位モデルが右上に集まる傾向があります。あとデュオラシリーズは表面、裏面でわかれているのが面白いですね。

 

次にMIZUNOです。

他のメーカーと違うのは、左右が反対ですね。

なので、左上が一般的な上級モデルです。

そのほかに、奥原選手モデルのラケットが追加されており、こちらはイーブン~柔らか目となっています。

 

次にGOSENです。

 こちらは、色々なコンセプトのラケットを取り扱っていて、バランスがいい印象です。

 

次にWILSONです。

 

GOSENと同様にバランスがいいですね。

ただ、GOSENに対して左下のラケットがないかわりに左上にあるのが特徴的です。

 

あとVICTORです。

上級モデルのラインナップが中心ですね。

 

PRINCEです。

変わった形状のラケットを取り扱っているイメージがありますが、スペックとしてはバランスの良いラインナップです。

 

最後に、日本では発売終了しましたadidasです。

 

以上がラケット性能表の一覧です。最初にも書きましたが右上が使いやすいとは限りませんが、ラケットの傾向が視覚的にわかりやすいのでやっぱり見ていて面白いですね。

他のメーカーやこれから2017年版が更新されていくものがあればこちらで修正していきます。

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

選手別

バドミントンナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録