峰、岡村/小野寺ら準決勝へ「USオープン」

峰、岡村/小野寺ら準決勝へ「USオープン」

日本勢、ベスト4入りをかけた戦いに臨む

世界バドミントン連盟は、7月12日、同日に行われた「USオープン2019」大会4日目、各種目準々決勝の結果を発表した。

日本勢ではこの日、女子シングルスで峰歩美、男子ダブルスで岡村洋輝/小野寺雅之、金子真大/久保田友之祐、女子ダブルスで志田千陽/松山奈未が準決勝進出をかけた戦いに臨んだ。

志田/松山も勝利し次へ

女子シングルス、峰は韓国のSIM Yu Jinに12-21、21-18、21-11で勝利。女子ダブルスでは、志田/松山が韓国のCHANG Ye Na/KIM Hye Rinに21-16、21-15で勝利し準決勝に臨む。

男子ダブルス、岡村/小野寺はイングランドのBen LANE/Sean VENDYに15-21、21-15、21-16で勝利し次へ。金子/久保田は台湾のLEE Yang/WANG Chi-Linに13-21、11-21で敗れ準々決勝敗退となった。

準決勝では、峰が中国のWANG Zhi Yi、岡村/小野寺が韓国のKO Sung Hyun/SHIN Baek Cheol、志田/松山が中国のCHEN Xiao Fei/ZHANG Shu Xianと対戦する。

(画像は世界バドミントン連盟ファンサイトより)


▼外部リンク

「USオープン2019」12日の結果
https://bwf.tournamentsoftware.com/

関連選手

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

峰歩美 選手に関連する記事

選手別

バドミントンナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録