全日本総合選手権2018入賞者の使用ラケット その①男子シングルス

男子シングルス入賞者の使用ラケットを紹介

平成30年11月26日から12月2日まで開催された第72回全日本総合選手権が終了しました。

各種目で上位入賞した選手の使用ラケットをまとめてみました。

 

今回は男子シングルスの選手の紹介です。

1位(優勝)

桃田賢斗 選手(NTT東日本)

使用ラケット

YONEX アストロクス99

 

2位(準優勝)

西本拳太 選手(トナミ運輸)

使用ラケット

YONEX ナノレイZスピード

 

3位(順位決定戦なし)

常山幹太 選手(トナミ運輸)

使用ラケット

YONEX ナノレイZスピード

 

上田拓馬 選手(日本ユニシス)

使用ラケット

YONEX デュオラ10

でした。

ナノレイZスピードが根強い人気ですね。

次回は女子シングルスを紹介します。

記事に対するコメント

コメントはまだありません。

コメントを投稿する

※最大500文字です。

 

関連記事

桃田賢斗 選手に関連する記事

選手別

バドミントンナビへようこそ!
レビューを投稿して商品券をゲットしませんか?

新規会員登録